Tightrope Dance
作/沢村 画/森里 涼


● ● ●

「あれかい?」

 最後部の座席に戻ったばかりの青年は、青みがかった窓越しに少女達を見下ろした。――春先の深夜バスは春スキー客で混雑してもいい様なものの、車内が閑散としており乗客の姿がまばらなのは平日の為だろうか…18才くらいだろうか、ジーンズ姿のやや背の高い少女とコートの裾から惜しげもなく素足をさらすショートカットの少女の二人が、そんな男ばかりの深夜バス乗り場の空気に花を添えていた。

「ああ、そうだ」

 読んでいた本から視線をあげてちらりと窓の外を見て頷く同行者に、青年の顔がわずかに困った様なものになる

「――俺としては冗談でもよかったんだがね」

 先刻、荷物を預ける際にぶつかった少女の気の強そうな瞳を思いだして青年は口の端を歪ませた。


● ● ●


―― 彼女はまだこれから待ちうけている計画を知らない ――


Tightrope Dance > CONTENTS
STAGE-01
STAGE-16
STAGE-02
STAGE-17
STAGE-03
STAGE-18
STAGE-04
STAGE-19
STAGE-05
STAGE-20
STAGE-06
STAGE-21
STAGE-07
STAGE-22
STAGE-08
STAGE-23
STAGE-09
STAGE-24
STAGE-54
STAGE-10
STAGE-25
続く
STAGE-11
STAGE-26
STAGE-12
STAGE-27
STAGE-13
STAGE-28
STAGE-14
STAGE-29
STAGE-15
STAGE-30


書き下ろしの文章を提供して下さっている沢村さんに心より御礼申し上げます。
アダルト文章だけじゃない沢村さんの素敵なサイトはこちら。


 | TOP | STORY&CG目次 | FormMail |

inserted by FC2 system